アプリ利用の注意点

カードローンが身近なものになり、なおかつ借り入れや返済が手軽に行えるようになったことでのリスクもあります。

まずは、アプリでの利用は誰かに消費者金融からお金を借りていることがバレてしまう可能性があることです。

スマートフォンの画面をロックしていたとしても、ふとした瞬間に誰かに見られてしまうことがあります。ホーム画面にはアプリの一覧が並んでおりそこに消費者金融のものがあれば目につきますし、隠していても操作中に放置したために画面が消費者金融のアプリの画面になっていたりすることもあります。

絶対見つからないという保証はないですから注意をしておく必要があります。次に手軽に借りることができ、返済もコンビニやATMでできるために、お金を借りているという意識が薄くなりどんどんと借り入れが増えて返済不能な状態に陥ってしまうことがあります。

一度借りたら返済が終わるまで次の借り入れはしない、とか短期間で返済できる金額しか借りない、といった自分の中での借り入れや返済のルールを設けてそれを守ることが重要です。

返済ができない状態に陥ればどれだけ借りても借金が減らなくなったり自分ではどうにもできず自己破産や債務整理をすることにもなりかねません。

計画的な利用が重要です。

合わせて読む:アプリでカードローン